このまちの人と未来のために、
まごころを込めて。

創業以来、私たちは一貫してお客さまの大切な「不動産」をお預かりする責任を担ってきました。「不動産」とは、未来永劫変わらぬ大切な財産の一つ。弊社ではその責務の重要性をスタッフ一人一人が自覚し、お客さまに利を生む不動産取引に取り組んでまいりました。
 また、不動産はまちを形成する重要なピースでもあります。めまぐるしく変化する時代の中で、地域の方々が求める「快適な生活環境」や「未来に生き残る魅力ある地元形成」の一翼を担うことも、私たちイーグルハウスにできることと考えます。
 機軸にあるのは、まごころを込めて実直に向き合う姿勢。身軽なフットワークとこれまで培ってきた経験をもとに、このまちとお客さまの未来に最善の選択を手渡せるよう、より的確なアドバイスができる組織づくりを目指しています。

イーグルハウス株式会社 代表取締役瓜生 京平

会社沿革

平成元年創業者の瓜生茂広が朝倉市甘木にて不動産業を始める
平成13年4月駅前イーグルハウス株式会社を設立し、甘木鉄道駅前の貸店舗にて事業開始
平成15年4月新店舗に移転(現グランスパアベニュー)
平成19年3月筑後信用金庫甘木支店跡(旧甘木シティホテル1階)に店舗移転
平成21年7月旧甘木シティホテルを買収し、自社ビル「マンスリーマンション甘木」に建物名称を変更
平成22年7月小郡市祇園(西鉄小郡駅前)に小郡店を出店
平成24年5月自社ビル10階にて飲食業「わし家」を開店
平成25年8月大和ハウス久留米営業所管轄エリア(大牟田〜久留米〜朝倉市)にて期間中成約件数No.1達成
平成26年3月甘木駅前に自社商業施設竣工(レッドキャベツ甘木駅前店)(コインランドリー・クリーニング店)
平成26年5月社会問題になっている空き家問題解消の為、空き家管理業を開始
平成26年6月代表取締役に瓜生京平 就任
取締役顧問に瓜生 茂広 就任
平成27年1月佐賀県鳥栖駅前に「ホームメイト」のフランチャイズとして出店
平成27年11月管理件数 2,500件を超える
平成28年6月イーグルハウス株式会社に社名を変更。甘木本店をリニューアルオープン
平成29年4月「ホームメイトFC鳥栖駅前店」から「イーグルハウス 鳥栖店」に変更
平成29年9月管理件数3,500件を超える
平成30年1月福岡市博多区に撮影部門として092photoを出店
平成31年2月大分県日田市(日田駅前)に日田店 出店
令和2年11月福岡県筑紫野市(西鉄二日市駅前)に二日市店 出店
業務内容不動産賃貸仲介、不動産売買仲介、賃貸物件管理、サブリース(物件借り上げ)、不動産コンサルティング、競売不動産代行、リフォーム、マンション・アパート経営、マンスリー・ウィークリーマンション、空き家管理、賃貸物件リノベーションの提案、ハウスクリーニング、保険代理店、飲食業、撮影事業
資本金1,000万円
従業員数64人(2021年3月現在)
取引企業キリンビール・ブリヂストン・西松建設・イオン九州・清水建設・明石機械工業・豊洋精工・東亜道路工業・志恩病院・嶋田病院・オーエルエス・ゼンショーホールディングス・東建コーポレーション・セキスイハウス・大和ハウス・大東建託・ハウスメイト・レオパレス・アパマンショップ・エイブル・ミニミニエージェンシー・上村建設・オリエントコーポレーション・全保連・日立物流・九州電力・九電工・ふくれん・JA・他
所属団体公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
一般社団法人 全国賃貸不動産管理業協会
取引金融機関福岡銀行・筑後信用金庫・日本政策金融公庫
筑邦銀行・西日本シティ銀行・他
顧問弁護士弁護士法人 あさくら総合法律事務所